« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

初午祭に行きました

460年前から続く鹿児島神宮の初午祭が好天に恵まれありました 五穀豊穣 畜産振興

牛馬の安全を祈願して行われました 22頭の馬がハンヤ節の音楽に乗りぴょんぴょん足を上げ踊ります又鹿児島に春を告げる祭りとして知られています

001

着飾った馬がマンボの音楽に乗り上手に踊ります

002

003_2

004

焼酎の振る舞いがあり私も戴きました

006

010

009

013

馬に続き100人ぐらいの踊り子が続き賑やかです

014

坂田金時堂さんの振る舞いはまんじゅうですまたたくまに品切れでした

015

食べながら踊ります

020

023

017_2

024

暖かい天気に恵まれ凄い人出です

028

030

031

034

036

037

042

044

050

051

 

続きを読む "初午祭に行きました"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

S-1グルメグランプルがありました

昨年11月から行われた地方大会が行われ予選を勝ち抜いた12チームが参加して決勝大会が行われました 二年連続のチャンピオン枕崎市の「枕崎鰹船人めし」は殿堂入りして

12チームが激しい戦いをくりひろげました そのほか静岡県から三チームが参加していました 激しい呼び込みで皆必死でした

 

 

013_4

003_5

 

 

001_5

004_5

006_2

005

007

009

011

012

010

017

019

020

021

023

024

025

026

027

028

 

続きを読む "S-1グルメグランプルがありました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

指宿方面をぶらりの巻

2月15日快晴のもと指宿に行きました JR指宿駅に行くと「豆.マメ。まめ祭り」がありました 山川高校と地元の和食店と生産者がタイアップして日本一早いえんどう豆の披露がありました

春の豆弁 の販売には多くの人が並び盛況でした

豆レストラン花野果(はなやか)では高校生が考えたランチがあり私も食べました

生産者による振る舞いがあり多くの人が並んでいました

005_2

001
試食が沢山あり私も全部食べました

002

004
子供達による豆むき競争です

006

007

008

009
北海道千歳市と姉妹都市です今年寒い時期に千歳市に行ったそうです

010
花野果のメンバーで客引きしていました

011

012
これがランチです 1200円なり

013

015

016

017

018

019
指宿でキャンプ中のHONDAのソフトボールチーム丁度昼飯時でした 牛丼と味噌

汁とバナナでした

020

続きを読む "指宿方面をぶらりの巻"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

豪華客船 ボイジャー 来る

2月8日バハマ船籍のボイジャーが来ました468人を乗せて朝早く鹿児島マリンポートに着岸しました イギリス人348人 アメリカ人81人などです

前日に比べ暖かい天候に恵まれ乗客たちは県内の観光に出かけ夕方船に帰ってきました

002

004
観光客には鹿児島名産のジャンボ餅と焼酎のおもてなしがあります

005

007

008

010

011

013

015

019
今日のお見送りは鹿児島高校の太鼓クラブ樹人太鼓ですマリンポート初の演舞です

021

023
さすが高校生 気合の入った演奏をします

024

029

034

036

038

039

041

045

043

048

051

053

続きを読む "豪華客船 ボイジャー 来る"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

川辺二日市にいきました

今をさる239年前 江戸時代末期より続く二日市が開かれかなり暖かい天気に恵まれ多くの観客が訪れていました 鹿児島三大祭りの一つです

001
鹿児島に春を告げる祭りとも言われています

003

004

005
バナナの叩き売り

006

007

009

010

011

012
沢山の試食がありました

013
海外協力隊の皆さん 現地の衣装を着ています

015
チンドンヤ

016

017

018
花笠音頭

020

続きを読む "川辺二日市にいきました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »